「オーデュボンの祈り」。数年ぶりの親戚の女からのレンラク。 : Miscellaneous Notes-ミセレイニアスノーツ-
ミセレイニアスノーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オーデュボンの祈り」。数年ぶりの親戚の女からのレンラク。

昨晩、ベッドで伊坂幸太郎の「オーデュボンの祈り」を読みながら寝てしまう。


オーデュボンの祈り (伊坂幸太郎)


「砂漠」「ラッシュライフ」は読んだので、これで3冊目になる。

この作家の世界観が心地よくてついつい読んでしまう。

どういうわけかワタクシの場合、この作家の本を読むと生きる力みたいなものも少し出る感じがする。

本日昼過ぎに起きてスマホを見ると昨晩着信アリ。

珍しく親戚の同い年の女からだ。

数年ぶりだろうか・・。

だれかが危篤か死んだ知らせだと思い、電話はせずにメールを送信スル。

数分後、返信がくる。

メールの内容は、クリスマス前に自費で和太鼓の自主コンサートを某ホールでやるので観にきて欲しいとのこと。

村上春樹でなくとも「やれやれ・・」とつぶやいても許される場面だろう。

正直に、「貴重なマネーとタイムをドブに捨てるようなことはできません。」

と一刀両断してやるほうが今後の本人の生き方のためにもいいのだろうが、なかなかそういうわけにもいかない。

断る側に精神的負担を強いる一番タチが悪い連絡をしてきたものだ。

やはり電話をかけないでメールにしてよかった。

ワタクシは厄災に関しては鼻が効く。

ようするに誰にも見向きもされないクソチケットを家族や身内にさばいているのだろう。

一見無邪気な誘いだが、繋がりのある人間の情ややさしさを利用するダミアンのやり口だ。

また電話でもかけてこられても厄介なので、

既にパーティの予定が入っていて、どうしても君のパフォーマンスを観に行くことが出来ないと打って送信スル。

メールは時間的、精神的な負担が少なくて済むのでたすかる。

気の利いた数百バイトのウソの文字列で済む。

おそらく親戚の女も「感づきやがったか!あのウスロノ野郎め。」と返信メールを見て毒づいているだろう。

しかし、叩きたいだけ太鼓でも叩いて自己陶酔や自己顕示欲を満たして感動すのは本人たちの自由だが、

素人が人にチケットを販売してまで観せたい、観てもらえるという前向きな態度や自信がコワい。

おそらく客と言っても、付き合いで仕方なく金を時間を割かされてへきえきしながら観に来る人たちだろう。

そんなウソと勘違いの会場で、太鼓を叩いている連中も感極まって厚かましくも終盤泣いたりして叩くのだろうかと想像しただけで絶望的な気分になる。

身近なところにこそ地獄はあるのかもしれない。

たしかゲーテの言葉に「活動的な無知ほど怖いものはない」というのがあったな・・。


モダンブルー (ココでよく買う。)
 
サントノーレ (ココは安い掘り出しモノ狙い。たまに買う)

ユークス (いいサイズはすぐになくなる。)

トラックバック

URL :

カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TopNTagCloud

メンズファッションブログ
ユークス
YOOX.COM(ユークス)
楽天市場

[各カテゴリに分類してます]

楽天市場 (トップページ)

楽天メンズファッション市場

楽天ビジネスファッション市場

楽天カジュアル市場

楽天デニム・ジーンズ市場

楽天メンズブランドリスト

楽天ブックスTOP

楽天家電市場

楽天トラベル

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

rakuten
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。